本文へスキップ

海と人の快適なふれあいのために。熱くやさしい心を磨いて、いつも自然を見つめています SURF90 Chigasaki Lifesaving Club

プロフィールprofile

海と人の快適なふれあいのために。熱くやさしい心を磨いて、いつも自然を見つめています。


SURF90茅ヶ崎ライフセービングクラブについて

私たちサーフ’90茅ヶ崎ライフセービングクラブは茅ヶ崎ヘッドランドビーチにおいて、マリンスポーツやマリンレジャーを楽しむ人々を海の事故から守るため、海難救助・海浜パトロール等の活動を、ボランティアの手によって行っています。
また、運営は会員(ボランティアメンバー)が各自出し合う会費、個人や団体からの協賛品・賛助金により運営され、海の安全利用及び美化活動の向上を目指しています。
ボランティアで社会人中心のクラブのため、活動日は基本的に土・日・祝日になります。4〜6月はトレーニング期間で真夏のシーズンに備えた訓練をしてい ます。7〜8月は重点活動期間としてヘッドランドビーチ周辺の監視活動、付近の海岸のパトロール活動を実施しています。9月はトレーニング期間と位置づけ ていますが、例年台風が多いことから場合によっては監視体制を敷いて活動します。

活動方針

ライフセービングの裾野を広げ、意欲と関心のある人は誰でも参加できる体制作りを目指します。

海の安全に対する知識やマナーの普及に勤め、ライフセービング及び美化活動への社会的理解の向上を図ります。

クラブ沿革

 1990年
4月〜10月
 海の総合イベント「相模湾アーバンリゾート・フェスティバル1990」通称サーフ’90(SURF’90)が相模湾沿岸の13市町を舞台に開催される
   イベントとして実施されたサーフ’90の内容と結果を分析し、相模湾の抱える問題の解決策、21世紀に向けての地域づくりのあり方について「サーフ’90白書」としてまとめられる。
 1991年4月  サーフ’90白書からの提案の一部を実現することを目的に任意団体として「サーフ90交流協会」が発足される。
 1991年  藤沢鵠沼地区においてライフセービング活動が開始される。
 1992年6月  相模湾沿岸域において情報の提供、海上交通研究、相模湾規制実態調査等を実施してきたサーフ90交流協会の諸事業を安定的かつ永続的に実施していくために、任意団体を発展的に解消し公益法人としての許可を受け「社団法人サーフ90交流協会」が設立される。
 1993年  茅ヶ崎東地区においてライフセービング活動が開始される。
*サーフ90茅ヶ崎ライフセービングクラブの前身となる。
 1994年  鎌倉七里ガ浜地区においてライフセービング活動が開始される。
   この間以下の事業が精力的に展開される。
○ライフセービング活動 ○海・浜の利用調整ルールづくり支援 ○海洋レクリエーション体験航海 ○マリンVHF海岸局運営 ○イベント支援 ○調査研究 ○サーフネットワーキング支援 ○サーフロビー
 1999年1月  社団法人サーフ90交流協会の解散を控えてクラブ自主運営に移行される。
総会にて「サーフ90茅ヶ崎ライフセービングクラブ」が設立される。
 1999年3月  社団法人サーフ90交流協会解散される。
   この間以下の事業がボランティアのメンバー及び関係諸機関の協力の下精力的に展開される。
○7〜8月(土日祝日)ライフセービング活動 ○5月〜9月 相模湾パトロール ○地域学校等に対する心肺蘇生法講習会 ○ジュニアライフセービング教室 ○海岸用車椅子ランディーズ貸出受託 ○えぼし岩・海の自然体験教室サポート ○大規模津波訓練(各団体合同連携)参加 ○ほのぼの共和国ベアフットフェスティバル協力 ○えぼし・サザンビーチ遠泳大会サポート ○ライフガード競技大会役員派遣・出場 ○全日本ライフセービング選手権大会出場
 2008年8月  クラブ設立10周年記念事業として「第34回ライフセービング競技大会」共催。
会場をヘッドランドビーチ、主管をクラブメンバーにて運営し、特別種目としてビーチフラッグスを取り入れる。競技会終了後、ジュニアビーチフラッグス大会開催。
 2009年2月  クラブ設立10周年記念総会が来賓を迎え開催される。
2010年5月   笹川スポーツ財団によるウォータースポーツエイド事業の助成を受けてPWCが配備される。
 2012年8月  県内では21か所目となる神奈川県水難救済会茅ヶ崎救難所として活動が開始される。
 2012年10月  茅ヶ崎救難所開所式・避難・救助訓練が開催される。
 2015年12月  茅ヶ崎市市民提案型協働推進事業として「海岸利用におけるマナー啓発事業」が採択される。
 2016年4月 クラブハウス更新。 

クラブ概要

役員体制

 役職名 人数 
 代 表  1名
 副代表  3名
 会計監査  2名

代表挨拶


  2017年度総会挨拶

情報公開

2016年度 事業報告書 収支決算報告書
2017年度 事業計画書 予算書

設立趣意書

茅ヶ崎クラブ(旧クラブ) 解散趣意書
サーフ90茅ヶ崎ライフセービングクラブ(現クラブ)設立趣意書